オススメのジェルネイルキット

バーチャルフレンチネイルって何?チップとジェルで爪を長くする方法

バーチャルフレンチアイキャッチ

擬似的に爪長く見せることができるバーチャルフレンチは爪が短い爪の横幅が広いといった悩みがあり、細長い爪に憧れる方におすすめのネイルです。

爪のベース部分を長く作ることで、より長くきれいなフレンチネイルを作ることができます。

フレンチをやりたいけれどちび爪で子供みたいになる、という方にはぜひチャレンジしてほしいデザインです。

爪を伸ばすと聞くと難しそうなイメージですが、意外と簡単なバーチャルフレンチのやり方をチェックしましょう!

バーチャルフレンチネイルデザインの特徴

バーチャルフレンチ特徴

バーチャルとは疑似的な、仮想的なといった意味がありますが、疑似的にきれいなフレンチネイルを作るデザインを「バーチャルフレンチ」といいます。

フレンチがきれいに見えるポイントは爪の長さだけではありません。

「ネイルベッド(爪のピンク色の部分)」と呼ばれる、爪とお肉がくっついたピンクの部分が長いことで、フレンチネイルはとてもきれいに見えます。

ネイルベットが短いフレンチはどんなに爪が長くても横に広がって見えてしまい、縦長に見えず、美しいフレンチには見えません。

そこで疑似的にネイルベッドを作り、きれいな細長フレンチに見せられるのがバーチャルフレンチ。

ネイルベッドが短い、爪がちび爪、横幅が広いのが悩み、といった方にはかなりおすすめなデザインです。

バーチャルフレンチネイルデザインに必要な材料

今回は数種類あるバーチャルフレンチの作り方の中で、もっとも簡単なネイルチップを使った方法をご紹介します。

用意するものはこちらです。

バーチャルフレンチ必要アイテム

  • ベースジェル
  • クリアジェル(トップジェル)
  • ネイルチップ
  • ネイルグルー
  • ベージュ、もしくはピンクなどの爪の色に近いカラージェル(あまりクリア系でないもの)
  • 白のカラージェル(フレンチの先端にくる色。好みのカラーでもOK)
  • 爪切り(あればチップカッター)
  • ファイル(100G、180Gなど)
  • 平筆
  • キッチンペーパー
  • ダッペンデッシュ
  • エタノール

チップを先端につけて長さを伸ばすため、ネイルチップを用意してください。

自爪を伸ばしている場合は、チップを装着せずにバーチャルフレンチにすることも可能です。

またチップは爪の先端に貼り付けるU字型のハーフウェルでも、好みの場所に貼れるフルウェルでもどちらでも構いません。

ネイルチップ用意左側がフルウェル / 右側がハーフウェル

チップはグルー(ネイル用の接着剤)で接着します。

さらにチップをカットして長さを整えるため、チップカッター(爪切りでもOK)とファイルも必要です。

フレンチの先端カラーは、今回は白で作りますが好みのカラーでOK。

さらにネイルベッドに塗るカラーは、自爪に近くて透明感のあまりない色を選んでください。

一般的にフレンチは平筆で作りますが、好みの筆で構いません。

かなり浅めのフレンチを作る場合は細筆でも代用できます。

途中、フレンチのスマイルライン(フレンチのU字型のライン)を整えるため、ダッペンデッシュ(容器)に入れたエタノールで筆を洗います。

バーチャルフレンチネイルデザインの作り方

手順1
チップを貼る
※爪を伸ばしていて長さを足す必要がなければ、この工程は省いてください。

爪をよくサンディングして、爪の大きさにあったチップを探します。

サンディング後チップ乗せる

横から見て、爪の幅にチップのサイズが合っていることを確認します。

チップ爪サイズ横から確認

ちょうどいいサイズが見つかったら、チップの裏にグルーを塗ります。

チップ裏グルー塗布

サイドをピッタリ合わせることを意識しながら、チップを貼り付けます。

チップ爪貼り付け

空気が入らないように、固定されるまできちんと押さえて貼り付けます。

ここでしっかり接着しておかないと、チップの長さを整えるときにずれてしまいます。

かならず、きちんと接着するまで押さえてください。

チップ要圧着

次に、チップに長さを爪切り(チップカッター)でカットします。

爪切り使用爪カット

爪の長さと形をファイルで削って整えます。

ファイル爪整える

長さと形を整えたら、チップと爪の境目が目だないように、チップの表面を軽くサンディングします。

この時、チップや爪を削りすぎないようにしてください。

爪チップ削りすぎ注意

チップの接着部分を削るため、削りすぎるとチップが取れやすくなるので、気を付けて削ってください。

半分だけチップの表面を削った画像です。

チップ表面半分削り後

チップの左半分の接着部分、爪との境目がわからないように削るとこうなります。

続けてすべての爪との境目が分からなくなるように削ります。

削り終わったら、チップの裏のバリをオレンジウッドスティックなどでとります。

バリ取りオレンジウッドスティック使用

手順2
ネイルベッドを伸ばす
ネイルチップを装着しない場合はここからがバーチャルフレンチの作り方になります。

爪をサンディングし、ダストを払い、クリアジェルを塗布します。

チップを付けている場合も、ダストを払ってください。

チップの削りカスがついています。

チップ削りカスダスト払う

次にネイルベッドと同じ色を塗布します。

薄いベージュやピンクなど、自分のネイルベッドの色に合わせて選んでください。

またこの時、伸びたときの違和感がないように、ネイルベッドのカラーは深めのグラデーションにしましょう。

深めカラーグラデおすすめ

色が薄いようなら2度塗りしてください。

色薄い2度塗り

手順3
フレンチを作る
フレンチは浅め(幅細め)にするのがコツです。

ここで深い(幅が広い)フレンチを作ってしまうと細長く見えません。

平筆に少量の白いジェル(好みのカラー)をとりフレンチを作ります。

ホワイトジェル塗布

爪のサイドの皮を押さえて、ジェルが皮膚につかないようにフレンチを描きます。

爪先から中央向かって塗布

端から中央に向かって筆をうごかしてください。

この時、爪の先端のエッジ部分も白できちんとコーティングしてください。

爪先エッジ要コーティング

少々ラインが崩れても構いません。

反対側も同じようにフレンチのラインをとります。

反対側フレンチライン描く

筆についたジェルをキッチンペーパーできれいに拭き取り、エタノールで軽く洗ってから、フレンチのスマイルライン(U字型のライン)を整えます。

平筆の角を使って整えましょう。

平筆角使用フレンチライン整える

フレンチのラインが整ったら硬化します。

フレンチライン整え後硬化

同じことを2度繰り返し、フレンチ部分をつくり、硬化します。

2度繰り返しフレンチライン硬化

手順4
トップジェルで仕上げる
最後にトップジェルを塗布して硬化します。

トップジェル塗布後硬化

100均のアイテムなどを使ってフレンチラインを綺麗に描く方法はこちらの記事に詳しく書いてあるので、参考にしてみてくださいね!

「逆」フレンチネイルの超簡単なやり方!セルフでジェルのラインを書くコツ

バーチャルフレンチネイルデザインを上手に作るコツ

コツはこの2つになります。

  • ベースカラー
  • 浅めのフレンチ

ベースカラーは違和感のない、自爪に近い色で、透明感のあまりない色にしてください。

透明感が強いと、爪が透けて見えます。

また、どんなに自爪と似たような色でも、根元から塗ってしまうと、伸びてきた時に違和感が必ず出ます。

バーチャルフレンチの場合、ベースカラーはグラデーションで自然に仕上げましょう。

さらにフレンチの先端部分は浅め(幅が細め)であるほど、爪が細長く見えます。

自分の好みのフレンチの幅にしてくださいね。

バーチャルフレンチを作る上での注意事項

フレンチのライン取りはなかなか難しいポイントですが、きれいなラインが取れなくてもあとで修正すればいいので思い切ってフレンチのラインを書いてみてください。

少しづつ少しづつ筆を動かすと、プルプル震えて筆跡が余計に残ってしまい、きれいに仕上がりません。

どうしても上手に書けない場合は、平筆ではなく、細く長いアート筆を使って筆のしなりを利用すると上手に書けます。

しかし、かなり浅め(幅細め)のフレンチになりますのでご注意を。

また、フレンチ用のシールなどを使うと綺麗に描けますよ。

フレンチ用のシールを使った方法はこちらの記事をチェックしてください。

フレンチネイルアイキャッチ王道フレンチネイルはテープを使って綺麗なラインを!シンプルからゴージェスまで

チェックネイルの参考画像

インスタで見かけた素敵なバーチャルフレンチネイルをご紹介します。

デザインの参考にしてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chiyuki🌝nailsalon MániLuce💅🏻さん(@maniluce)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

西院ネイル コンジェペイエさん(@congepaye)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

MISA KOUGOさん(@misamisa5422)がシェアした投稿

爪が短くてもバーチャルフレンチで細長爪になれる

バーチャルフレンチ特徴

バーチャルフレンチは爪と同じ色を塗布するこで、ネイルベッドを長く見せるフレンチネイルです。

またチップを使って、爪そのものの長さを伸ばすこともできます。

爪の形がよくないと悩んでいる方は、ぜひチャレンジを!

爪は作れます!!

きれいな爪の形で細長の理想的なフレンチを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です