オススメのジェルネイルキット

ツイードネイルがぴったりな季節は冬!やり方や必要なアイテムを解説【動画有り】

ツイードネイルアイキャッチ

ツイードの生地には寒い季節に活躍するため、ネイルカラーも秋から冬に合わせやすくなっています。

配色には織物のツイードに使われている色からヒントを得て取り入れやすいです。

そんなツイードネイルをセルフでやってみたので、紹介していきます。

ツイードネイルの特徴

ツイードネイル完成画像

ツイードネイルとは、毛織物で作られたツイードと言う織り方が由来になっています。

その模様が描かれているツイードネイルには、暖色系が用いられることが多いことから暖かみある様子が感じ取れます。

初めて行う方でも、線を重ねて描いていくことで簡単に模様を作ることができますよ。

ツイードネイルに必要なアイテム

ツイードネイルをするためには、以下のようなアイテムが必要になります。

ツイードネイル必要アイテム

  • 筆3本
  • プライマー
  • クリアジェル
  • トップコート
  • カラージェル7色
  • ツイードネイル(アイボリー、茶色、こげ茶色、白、シルバー)
  • ワントーン(ピンクベージュ)

ツイードネイルのやり方

ツイードネイル用下地用ジェル

手順1
下地を塗る
はじめに甘皮や逆剥けなどを処理した状態の爪にプライマーを塗って硬化を行います。

しっかりとジェルネイルを塗る準備を行っていると、持続する期間も長くなりますよ。
ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】

手順2
ベースカラーを塗布
ベースジェル塗布

ベースをツイードネイルする爪の部分に1度塗りを行い硬化します。

今回選んだ色は、全体的に秋らしい色をイメージして選びました。

ベースとツイードの色味が近いと馴染むので、派手になりづらくバランスのとれた仕上がりになります。

ベースジェル塗布後画像

手順3
茶色の縦線を入れる
ツイード柄用カラージェル

ツイード柄1色目塗布

目立たない色から始めていきました。縦線を長く4本入れてから硬化します。

同じ色のまま横線を短めに入れていき硬化します。線は沢山足されるので引き始める場所はどこからでも大丈夫です。

ツイード柄線複数本描く

手順4
こげ茶色の線を入れる
ツイード柄用カラージェル2色目

同じ本数分の線を入れていきます。

縦横それぞれ入れた後に硬化し線を増やしていきましょう。

失敗した際は、すぐにシリコンの筆などですくうように取るともう一度硬化した次の段階から始める事ができるので失敗しても安心です。

ツイード柄2色目線描く

手順5
白色の線を入れる
ツイード柄用カラージェル3色目ホワイト

更に線を足していきます。

線が重なる部分も出てきますが、白を足すことで色が引き締まりますよ。

3色増やしていくことで、ツイードらしさを表現することができました。

ツイード柄3色目ホワイト描く

手順6
シルバーの線を入れる
最後に白との間隔を空けて、シルバーのラメを入れていきます。

硬化を行い、ツイードネイルの完成です。

最後にラメのある色を入れることでキラキラと爪が引き立ちました。

シルバーの他にゴールドのラメでも合いますね。

ツイード柄仕上げラメ塗布

手順7
ワントーンネイルのピンクベージュを塗布
ツイードネイルのサイドに目立たない色のワントーンをおきました。

一度塗りを行なった後、硬化をします。

ツイード柄合わせるベージュ単色

手順8
トップコートを塗布
最後に全体の仕上げとしてトップコートを乗せて硬化すれば完成です。

トップコート塗布後完成

注意事項

細い線を意識すると根気のいる作業ですが、細い線にすることにより多くの線が入れることができ、ツイード感が高まりますのでなるべく多く線をひくと良いかもしれません。

細い線を引くために使用した筆は市販で売っている一番下の細い筆になります。

ツイード柄描くオススメ細筆

毛先が揃っており筆先が短いので少量しかすくい取らないので沢山線を引くことができました。

ツイードネイルのおすすめデザイン

ツイードネイルは、線の長さを変えるだけで見た目も変わります。

今回紹介しました、縦横の長さを意識しない簡単にできるものだけでなく、対照にしたプラスのようなデザインもあるので別パターンを活用されたい方におすすめです。

ツイードネイルのやり方を動画で確認

ツイードネイルのやり方を動画で解説しています。

画像では分かりにくかった…という方は、ぜひご覧ください。

参考になったらチャンネル登録もしてくれると嬉しいです

つめ美

まとめ

ツイードネイルにかかった時間は、おおよそ50分でした。

同じ行程が多いので慣れると早く引けるようになりました。

1時間以内にできたので時短なデザインネイルとしてもおすすめです。

なるべく沢山の線が入るように、自分が描ける最も細い線を入れていきましょう。

皆さんもツイードネイルに挑戦してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です