オススメのジェルネイルキット

ジェルネイルの先端が欠けたらやすりをかけてティーバッグで補修可能!

先端かけた時補修方法アイキャッチ

ジェルを付けていて、先端だけ欠けることってありますよね。

まだまだジェルは爪と密着しているし、オフするのはもったいない……

そんなとき、欠けた部分だけ修正する方法があるんです。

爪を切る必要もなく、オフする必要もありません。

自宅にある意外なモノを使った、欠けた爪の修正法の裏技です。

欠けた爪を修正するのに必要な材料

必要なアイテムはこちらです。

先端欠けたネイル補修必要アイテム

  • ベースジェル
  • クリアジェル(トップジェル)
  • カラージェル(爪に塗布されているジェルと同じ色)
  • ピンセット
  • 紅茶のティーバック
  • ハサミ0
  • ファイル(100~180G程度)

ファイルは欠けた爪周辺のカラージェルを削ったり、最後に形を整えたりするのに使います。

また紅茶のティーパックは紙部分を使うため、ハサミが必要になります。

ピンセットはなくても構いませんが、あったほうが細かい作業がスムーズにできるので、あった方が便利ですよ。

欠けた爪の修正の方法

手順1
欠けた部分を削る
先端欠けたネイル画像

このように欠けた爪を補います。

まずは欠けた部分の周辺のジェルを軽く削ります。

欠けた周辺ファイル削る

長さを削る必要はありません。

修正部分となじみがいいようにするために削ります。

ファイルサンディング後見本

手順2
紅茶のティーバッグを爪に貼る
次に紅茶のティーバックを分解し、バッグの紙部分を小さくカットします。

欠けた爪よりも、ひと回り大きくカットしてください。

紅茶ティーバッグカット

欠けた爪の周りにベースジェルを塗布します。

クリアジェル塗布

カットした紅茶のティーバッグを欠けた爪部分に貼り付けます。

ティーバッグ貼り付け

ティーバッグにジェルがなじむように密着させます。

ティーバッグなじませる

硬化します。

さらにティーバッグ、その周辺に少し厚めにベースジェルを塗布して硬化します。

ティーバッグ周辺ジェル塗布

軽く未硬化ジェルを拭き取って、べたつきをとります。

手順3
形を整える
ティーバッグはジェルによって固まっているため、ファイルで削って形を整えます。

ファイル形整える

このように形が整うはずです。

ファイル後整ったクリアジェル

手順4
カラージェルを塗布する
爪を全体的にサンディングして傷つけます。

サンディング

これは塗布するジェルの密着をよくするためのサンディングで、省いても構いません。

補修した部分にカラージェルを塗布します。

補修部分カラージェル塗布

このとき、補修した部分のエッジにもカラージェルを塗布してください。

エッジカラージェル塗布

硬化します。

補修した部分との境目がわからくなるまで、カラージェルを塗布して、硬化してください。

2度塗り後硬化

手順5
完成
色の補正が終わったら、最後にトップジェルを塗布して硬化すれば完成です。

トップジェル仕上げ後硬化

欠けにくい爪の形

爪のによっても欠けにくさは変わってきます。

  • ショート
  • スクエア

このあたりの形は爪に負担がかかりにくいので、欠けにくいです。

反対に細くて長い爪の形だと、爪に負担がかかると欠けやすいです。

細くて長い爪は可愛いくて良いんですけどね。

もしも欠けやすいのであれば、爪の形も意識してみてくださいね。

特にショートは引っ掛かることも少なくなるのでオススメです。

ティーバックはジェルの補修におすすめ

紅茶のティーバッグを使った修正方法は、かなりきれいに仕上がります。

ティーバッグが薄いため、ジェルが浸透しやすく、紙なので扱いも簡単だからです。

また厚めに作ればかなり丈夫になります。

この方法は、爪が欠けたときだけでなく、ひびが入った時にも使えるので便利です。

ひび部分にティーバッグを貼り付け、上からクリアジェルを塗布すれば補強できます。

ぜひ覚えておいて下さいね。

爪が欠けたときはあきらめずに補修して、いつでもきれいなジェルネイルを楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です