オススメのジェルネイルキット

炭治郎ネイルのやり方!市松模様(羽織の柄)を超かんたんに描く方法

炭治郎ネイルやり方アイキャッチ

鬼滅の刃の主人公、炭治郎の羽織の模様って素敵ですよね。

この柄は「市松模様」といってメジャーな和柄です。

この市松模様を炭治郎のカラーでネイルにできたら素敵だと思いませんか?

ということで、この記事ではジェルでかんたんに市松模様を描く方法を解説します。

炭治郎の顔とかを描くのはかなり難しいですが、市松模様はかんたんですし取り入れやすいので炭治郎ファンはこの機会にぜひ試してみてくださいね!

炭次郎ネイル(市松模様)の特徴

炭治郎ネイル完成画像

市松模様は2色の色を交互に配色して、四角を並べた模様です。

この四角は長方形でも正方形でも構いませんが、一般的には正方形が多く、炭治郎の羽織もそのようになっています。

江戸時代、「佐野川市松」という歌舞伎役者が袴に取り入れた柄で、以来、市松模様と呼ばれ、定番の模様となりました。

また上下左右に終わりのない柄なので「繁栄」「発展」「永遠」といった縁起の良い模様として知られています。

ただ四角を並べるだけなのでコツさえ掴めばかなり簡単です。

炭治郎の羽織はグリーンとブラックの2色ですが、他の色の組み合わせでも楽しめる模様ですよ。

炭治郎ネイル(市松模様)に必要なアイテム

炭治郎ネイルには以下のようなアイテムが必要になります。

炭治郎ネイル必要アイテム

  • ベースジェル
  • トップジェル
  • カラージェル(グリーン、ブラックの2色)
  • マットトップコート(なければスポンジファイル)
  • 細いジェル筆
  • エタノール
  • キッチンペーパー
  • ダッペンデッシュ

炭治郎の羽織に合わせて、グリーンとブラックの2色のカラージェルを使います。

四角形をきれいに描くために細いジェル筆は必ず用意してください。

細ければ細いほど仕上がりがきれいになるためなるべく細い筆がおすすめです。

また市松模様のラインが歪んでしまった時にすぐに修正できるよう、ダッペンデッシュにエタノールを入れておきましょう。

ラインが歪んだ場合はキッチンペーパーで筆先をきれいに拭き取りながら、筆先にエタノールをつけて修正します。

ベースジェル硬化後、マットトップコートを塗布すると滑りにくくきれいにラインが描けます。

マットトップコートを用意できないようならスポンジファイルでも構いません。

スポンジファイルで軽くサンディングすることで、ラインを描くときに滑りにくくなりますよ。

炭治郎ネイル(市松模様)の作り方

手順1
ベースジェルを塗布・硬化
炭治郎ネイルベース塗る前

自爪の場合はサンディグ後、ダストをよくはらってからベースジェルを塗布、硬化してください。

手順2
1度目のカラージェルを塗布・硬化
ベースカラー塗布

今回は炭治郎の羽織の色に合わせて、グリーンを塗布、硬化します。

市松模様を作る場合、使用する2色のうちの薄い色をベースのカラージェルとして全体に塗布します。

手順3
2度目のカラージェルを塗布・硬化
ベースカラー二度塗り

少々ムラがでてしまっても模様を作ると目立ちません。

手順4
マットトップコートを塗布・硬化
マットトップコート塗布

マットトップコートを塗布することでツヤがなくなり、爪の表面が滑りにくくなります。するとラインが描きやすくなります。

もしマットトップコートがない場合は、未硬化ジェルを拭き取ってからスポンジファイルでサンディグしてツヤを消しましょう。

トップコート塗布後サンディングでつや消し

この工程を行うことで細いラインが失敗しにくくなりますよ。

手順5
縦のラインを引く
細筆で縦ラインを描く

ブラックのジェルを細筆にとり、出来るだけ細い縦ラインを引きます。

ラインを真っ直ぐ、爪の先端に向かって垂直になることを意識してください。

手順6
2本目の縦ラインを引く
2本目の縦ラインを細筆で描く

1本目の縦ラインと平行になるように細いラインを引きます。

手順7
空いてるスペースに縦ラインを引く
空いているスペースに縦ラインを描く

空いているスペースがあるようなら、全ての縦ラインが平行に、かつ等間隔になるようにラインを引きます。

ここで1回硬化します。もしジェルがにじんでしまいそうなら、途中で硬化しても構いません。

手順8
横のラインを引く
細筆で横ラインを描く

縦ラインに垂直になるように、横にラインを引きます。細く、真っ直ぐなラインを意識してください。

手順9
横ラインを引いて正方形を作る
さらに横のラインを引きます。このとき、正方形を作るように横ラインを引いてください。

横ラインを描いて正方形を作る
長方形でも市松模様にはなりますが、炭治郎の羽織は正方形の市松です。できる限り正方形に近づけましょう。

なるべく正方形に近づける

ここで硬化します。

手順10
四角を黒で塗りつぶす
市松模様の黒を塗りつぶします。

正方形を塗りつぶす

塗りつぶすときも細筆を使います。そのほうが角が鋭角にきれいに仕上がります。

四角をひとつ塗りつぶしました。

正方形をひとつ塗りつぶした見本

手順11
交互に黒で塗りつぶす
市松模様になるように、四角を交互に黒で塗りつぶしていきます。

正方形交互に塗りつぶす

細筆でどんどん交互に塗りつぶします。

正方形どんどん塗りつぶす

全て交互に黒で塗りつぶすとこのようになります。

黒塗りつぶした完成図

ここで硬化します。もちろん1マス塗るごとに硬化しても構いません。

手順12
トップジェルを塗布・硬化
塗りつぶし後硬化

トップジェルを塗布、硬化したら、炭治郎ネイルの完成です。

色を変えて赤と白で作ると、ねずこの帯になります。

炭治郎ネイル色変えると禰豆子の帯ネイル

同じ市松模様でも、色や大きさを変えることで雰囲気が変わりますよ。

炭治郎ネイル(市松模様)をキレイに見せるコツ

市松模様と麻の葉模様をきれいに仕上げるポイントは「ベースのカラージェル硬化後、マットにすること」です。

カラージェルを2度塗りしたら、マットトップコートを塗布するか、スポンジファイルで爪全体をファイルすることが重要になってきます。

「マット=ツヤがなくなる」ことで、爪の表面の滑りが悪くなり、細いラインが滑らずにきれいに描けるようになります。

細いラインがきれいにまっすぐに描ければ、市松模様も麻の葉模様も自然ときれいに仕上がりますよ。

炭治郎ネイル(市松模様)の注意点

ベースカラージェル硬化後、爪のツヤを消してもラインがどうしても歪んでしまう場合は、硬化する前に修正しましょう。

歪んだまま硬化すると模様が汚くなってしまいます。注意してください。

歪んだラインの修正はこのような手順になります。

歪んだラインの修正手順

  1. 細筆についた余計なジェルをキッチンペーパーでよく拭き取る。
  2. ダッペンディッシュにエタノールを入れ、細筆の先にエタノールを軽くつける。
  3. ラインの歪んた部分を筆先でなぞるようにして除去する。

硬化前のジェルはエタノールで除去できるので、拭き取りたい部分を筆でなぞれば歪んだ部分を取り除くことができます。

この時筆先につけるエタノールは軽めにしておきましょう。

エタノールが多すぎるとジェルがにじんでしまうので、気を付けてくださいね。

炭治郎ネイルのかんたんなやり方のまとめ

炭治郎ネイルといっても顔などを描くのはかなり難しいので、かんたんに炭治郎をモチーフにしたいという人はぜひ市松模様に挑戦してみてくださいね。

炭治郎の袴にあしらわれた市松模様、ねずこの着物の麻の葉模様、ともに昔からの定番和柄です。

作り方を覚えておくことで鬼滅ネイルだけでなく、和風ネイルの幅も広がります。

市松模様は色を変えればねずこモチーフのネイルになったりと、汎用性がかなり高いのでぜひ覚えておきましょう。

鬼滅の刃の他のキャラのデザインは以下の記事でまとめているので、ぜひご覧ください。

>>【鬼滅の刃ネイル】各キャラのやり方を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です