オススメのジェルネイルキット

スカルプチャジェルは補強・長さ出しにおすすめ!使い方やコツを徹底解説

長さだしやり方アイキャッチ

長さだしがうまくできない!

そんな時はスカルプチャジェルを使ってみてはいかがでしょう?

スカルプチャジェルとは、長さだしで使われるアクリルスカルプチャと通常のジェルのいとこどりをしたジェルです。

ハードジェルよりもはるかに強度が高く、流れにくいので通常のジェルよりも簡単に補強や長さ出しができます。

以下のような場合はとくにスカルプチャジェルがあると便利です。

  • 通常のジェル長さ出しが難しい
  • 楽にヒビを修正したい
  • 簡単に爪全体に厚さをだしたい
  • ジェルをしても爪が折れやすい
  • スピーディーに施術ができない

すぐに固まってしまうアクリルスカルプチャと違い、スカルプチャジェルはゆっくり時間をかけて爪を作ることができるので長さ出し初心者さんにも扱いやすくなっています。

またチップを使えばさらに簡単に長さ出しができるため、誰でもきれいな爪が作れちゃうんです!

スカルプチャジェルは1つ持っておくととっても便利。

この記事では、そんなスカルプチャジェルの特徴や使い方について紹介します。

長さ出しはジェルでやると難しいですが、スカルプチャジェルを使うと難易度が下がるのでぜひチャレンジしてみてくださいね

つめ美

スカルプチャジェルの特徴は強度と扱いやすさ

スカルプチャジェルチューブ状

スカルプチャジェルとは、爪の長さ出しや補強がおこなえるジェルで以下の特徴があります。

  • 粘度が低く流れにくい
  • 強度が高い
  • べたつきにくいため形成しやすい光を当てて硬化するため長さ出しに時間がかかっても問題ない

長さ出しや補強は通常のハードジェルなどでもできますが、難易度が高いです。

スカルプチャジェルは画像のようにチューブに入っている製品もあるくらい、ジェルそのものが硬く流れることがありません。

またハードジェルよりも硬化後の強度が高いので、長さ出しや折れた爪の修正、折れやすい人の爪の補強に向いています。

光を当てて硬化するまで何度でもやり直しができるため、じっくりと時間をかけて長さや形を整えることもできますし、硬化後に削って形を修正することもできるのです。

強度や長さを出したい人にぴったりな、とても使いやすいジェルになっています

つめ美

スカルプチャジェルでの長さ出しに必要なアイテム

スカルプチャジェル長さだし必要アイテム

スカルプチャジェルでの長さ出しと、ヒビが入った部分の補強方法を説明します。

どちらも用意するアイテムは同じです。

気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

ベースジェルについて
ベースジェルを塗布してからスカルプチャジェルを塗布していきます。※メーカーによってはベースジェルなしの場合もあります
オレンジウッドスティックについて

スカルプチャジェルはチューブに入っているものが多く、爪に乗せる前にオレンジウッドスティックなどにジェルをとります。

この時金属製のスパチュラを使っても構いませんが、プラスチック製は使わないでください。※化学変化を起こし、プラスチックが変色する場合があります。

ダッペンデッシュについて

エタノールを浸した筆でスカルプチャジェルを形成していくため、エタノールを入れる容器としてダッペンデッシュを使います。

もし手元にないようならガラス製、もしくは陶器の容器を使ってください。

ファイルについて

スカルプチャジェル硬化後、ファイルで削って形成するので必ずファイルと拭き取りクリーナーは用意してください。

ファイルは目の粗さが細かすぎると削れないので、180グリット以上は必須

またスポンジファイルは爪の補強の際、爪全体を馴染ませるために必要です。

長さ出しのやり方

スカルプチャジェルだけで行う長さ出し方法と、ネイルチップを使って爪の長さ出し方法を説明します。

チップを使った方法はかなりのロングネイルが可能で、チップの形に仕上がるので誰でもきれいなアーモンド形の爪を作ることができます。

チップを使わずにスカルプチャジェルだけで長さだしする場合は、2mm程度までが綺麗にできますよ。

スカルプチャジェルだけで長さ出しする方法

手順1
ベースジェルを塗布・硬化する
爪直接長さだし

甘皮を押し上げ、カット、サンディングして余計なダストを払います。

さらにキューティクル周りを消毒し、ベースジェルを塗布、硬化してください。※ベースジェルはメーカーによって必要ない場合があります

ベースジェル塗布後画像

手順2
スカルプチャジェルを爪にオンする
小豆大ほどの大きさのスカルプチャジェルをオレンジウッドスティックに取ります。

スカルプチャジェル量見本

そのスカルプチャジェルを爪に乗せます。

スカルプチャジェル爪乗せる

かなりの硬さのジェルなので、爪に乗せても落ちません。

手順3
スカルプチャジェルを形成・長さを出す
ダッペンデッシュにエタノールを入れ筆先を浸し、キッチンペーパーで軽く余計な水分を吸い込ませます。

筆先には軽くエタノールがしみ込む程度で構いません。

筆先エタノール染み込ませる

筆の腹でスカルプチャジェルを軽く叩くように押し広げます。

この時、筆は引っ張らずに軽く押すようにジェルを広げてください。

筆押し付けスカルプチャジェル広げる

エタノールが蒸発して筆が渇くとジェルが筆に付着しやすいので、適度にエタノールを筆先に浸しながらジェルを広げましょう。

エタノール染み込ませながらへジェル広げる

キューティクルぎりぎりまでジェルを広げる必要はありません。

ただし、密着をよくするためにも爪の3分の2程度はスカルプチャジェルを広げてください。

ジェルを爪の先まで長さが出るように広げます。

もしスカルプチャジェルの量が足りないようなら、たしても構いませんよ。

スカルプチャジェル足す

爪先はあまりジェルを押しすぎると裏側にはみ出てしまいます。

爪の裏側も形を整えながら長さ出しをしましょう。

爪裏形整える

横にはみ出していないかどうかもよく確認してください。

ハミ出し要確認

もしはみ出ていたら筆先ではみ出たジェルを整えてください。

ハミ出し筆先直し後画像

このように好みの長さになったら硬化します。

手順4
削って整える
硬化したら、未硬化ジェルを拭き取ります。

硬化後未硬化ジェル拭き取り

ファイルで長さ、形を整えます。

ファイル長さ形整える

さらに爪の表面も必ず削って凹凸をなくしてください。

でこぼこしたままだと、この後のデザインが作りにくかったり、仕上がりが悪くなったりします。

整形重要な点

指で爪表面を触って凹凸なくなったら、ダストを払い消毒します。

スカルプチャジェルのみ長さだし完成

ここまでがジェルだけで行う長さ出しのやり方です。

もし削って整えてみて長さが足りない、厚さが足りないようなら再度スカルプチャジェルをのせて硬化しても構いません。

スカルプチャジェル継ぎ足し可能

この先はカラージェルを塗布したり、ラメをのせたり、通常のジェルのやり方でお好きなデザインを楽しんでくださいね!

チップを使った長さ出しの方法

手順1
チップを選ぶ
長さだし準備

甘皮を押し上げカット、軽くサンディングしてダストを払い、エタノールで消毒して爪を清潔な状態にしてください。

スカルプチャジェル塗布前チップ

チップを使った長さ出し方法は、爪の大きさに合わせたチップ選びから始まります。

チップは爪の横幅に合わせて選びます。

チップ選び方爪横幅合わせ

このように爪よりも大きすぎるチップはいけません。

逆に小さすぎてもNG。

チップサイズ合わせ方見本

このように爪の横幅にピッタリなチップを選んでください。

サイズ合わせ後チップ

このとき、キューティクル周りのカーブは合っていなくても構いません。

また、どうしても横幅の合うチップがない場合は、大きめのチップを選んでチップのサイドを削ってジャストサイスにしてください。

手順2
ベースジェルを塗布
まずはべースジェルを塗布、硬化します。※スカルプチャジェルのメーカーによってはベースジェルなしの場合もあります。

ベースジェル塗布

手順3
スカルプチャジェルを形成する
次にスカルプチャジェルをオレンジウッドスティックに、小豆大よりも少し大きめの量をとります。

スカルプチャジェル使用量見本

そのままスティックからチップの内側にジェルをのせます。

スカルプチャジェル爪塗布

次にダッペンデッシュにエタノールを入れ、ジェル筆をエタノールに浸します。

ダッペンティッシュエタノール入れる

滴らない程度にエタノールをキッチンペーパーで拭き取ります。

不要エタノールキッチンペーパ拭き取り

チップの内側にオンしたスカルプチャジェルを、筆の腹で軽く押すようにチップに伸ばしていきます。

スカルプチャジェル引き伸ばし

この時筆の先端部分を使うと、ジェルが筆先に付着してきれいにジェルが広がりません。

スカルプチャジェル塗布時筆先利用ng

からなず筆の腹で、好みの長さになるまでチップに広げてください。

ジェルを押し広げるうちにエタノールが乾いてくると筆にジェルがくっつきやすくなります。

ジェルがくっついてきたら筆をエタノールに浸し、余分な水分をペーパーで除去し繰り返しジェルを広げてください。

チップの端部分は薄めに、中央部分を厚めにするときれいな形に仕上がりやすくなりますよ。

またジェルが少ないようなら足しながら行いましょう。

チップ全体にジェルを広げるとこのようになります。

スカルプチャジェル広げ後見本

手順4
チップを爪に乗せる
チップを爪に密着させます。

キューティクル周りから少し離してチップをのせるのがコツです。

あまりキューティクル周りに密着させると、甘皮にジェルが付着して浮きやすくなってしまいます。

チップ甘皮際寄せすぎ注意

この時チップの内側に空気が入らないように気を付けてください。

爪に軽くのせる感覚でチップを爪に装着します。

チップ爪乗せ後見本

爪にギュッと押し付けると端からジェルがはみ出すので押し付けないでくださいね。

チップ爪押し付け注意

キューティクル周りのジェルをなじませます。

さらに横に少しはみ出たジェルもなじませましょう。

横はみ出しジェルなじませ

またチップの裏側が爪に密着しているかどうかも確認して下さい。

このときジェルが爪の裏側についていたら筆で除去しましょう。

爪裏ジェル除去

爪の裏やサイド、キューティクル周りのジェルがはみ出ていないか確認したら、そのまま硬化してください。

手順5
形を整える
硬化したら、チップを両サイドから軽く押します。

硬化後チップ押さえつけ

するとチップが外れます。

硬化成功チップ外れる

この時、きれいにチップが外れないようなら硬化が足りません。

もっと光を当ててください。

チップを外したら長さとキューティクル周り、さらにサイドのはみ出たジェルなどを削って整えます。

チップ外し後形整える

爪の表面はチップに密着していたのでつるんとしています。

ですが、あとに続くカラージェルなどの密着をよくするためにも全体的にサンディングして傷をつけましょう。

長さだし後サンディング

ここまでがチップを使った長さ出しの方法です。

このあとダストをよくはらってから好みのデザインになるよう、ジェルを塗布してくださいね。

補強のやり方

最後にひびが入った部分の補強のやり方です。

手順1
ベースジェルを塗布、硬化する
爪ひび割れ画像

爪に施す場合はサンディングをし、ダストを払い、エタノールで消毒してください。

ベースジェルを塗布、硬化します。

ベースジェル塗布後硬化

手順2
スカルプチャジェルを爪の乗せる
スカルプチャジェルを少量、オレンジウッドスティックにとります。

スカルプチャジェルオレンジウッドスティック乗せる

ヒビの大きさにもよりますが、ジェルを伸ばした際にヒビ全体がカバーできる量が必要です。

目分量で分からない場合は少し多め、小豆大半分くらいの大きさのジェルをとっておきましょう。

あまりスカルプチャジェルが少な過ぎると、硬化後のファイルがけで爪を削ってしまうリスクが上がります。

スティックに取ったジェルを爪に乗せます。

スカルプチャジェル爪乗せる

手順3
形成する
ダッペンデッシュにエタノールを入れ、ジェル筆をエタノールに浸します。

ダッペンディッシュエタノールいれる

ジェル筆のエタノールを軽くキッチンペーパーの吸い込ませます。

水分が軽くしみ込んでいる程度で構いません。

スカルプチャジェルキッチンペーパー余分エタノール拭き取り

爪に乗せたスカルプチャジェルを、筆の腹で軽く押し広げます。

筆でジェルを軽くたたくように広げヒビをカバーし、フラットな状態にしていきます。

優しく爪上ジェル広げる

この時、力を入れてジェルを広げ過ぎると凹凸ができてしまうので、軽い力で行ってください。

強い力凸凹できる原因

また筆先のエタノールが渇くと、ジェルが筆に付着して扱いにくくなります。

適度にダッペンデッシュ内のエタノールを筆に吸わせながらジェルを広げましょう。

少しづつ筆の腹でジェル広げることを意識してください。

爪からジェルがはみ出ないように、端っこも筆先で整えながらジェルを広げてくださいね。

ジェルハミ出る防止横抑えながら

しっかりヒビ部分をカバー、かつ爪とできるだけフラットにジェルを広げたら硬化します。

ヒビジェルカバー後画像

横から見てもこのように凹凸があまりないのが理想です。

横から見る凹凸なし

硬化します。

手順4
削って整える
スカルプチャジェルを硬化したら未硬化ジェルを拭き取ります。

硬化後未硬化ジェル拭き取り

ファイルで爪の表面の凹凸を削ります。

ファイルサンディング

指の腹で爪の表面を触ると、凸凹しているのがわかります。

その出っ張ってる部分を中心にスカルプチャジェルがフラットになるようにファイルをかけます。

この時、削りすぎには注意してくださいね。

あまり削りすぎると補強効果が低くなってしまいますよ。

ヒビ補修時削りすぎ注意

凹凸が取れたら、爪全体にスポンジファイルをかけます。

スポンジファイル磨き後画像

スポンジファイルを爪全体にかけることで、スカルプチャジェルをオンしていない部分にも傷がついて、次に塗布するジェルの密着が良くなります。

この先はカラージェルを塗布したり、ラメをのせたり、通常のジェルのやり方と同じです。

スカルプとジェルとの違い

スカルプチャジェル通常ジェル違い

スカルプとも言われるアクリルスカルプチャは、ジェルが流行するまでのネイルエクステンションや補強の主流方法でした。

モノマーと呼ばれる液体とパウダーを混ぜたミクスチャーと呼ばれるもので、爪を形成していきます。

ミクスチャーはものの1分程度で自然に固まってしまうため、スピーディな施術が絶対で、セルフでは難しいものでした。

また強度がかなり高くロングネイルも可能ですが、爪へのダメージが非常に大きかったのです。

スカルプのメリット・デメリット
  • 強度が強い
  • セルフでは難しい
  • 爪へのダメージが大きい
ジェルのメリット・デメリット
  • 強度が弱い
  • 扱いが簡単
  • 爪への負担が少ない

このスカルプのデメリットをなくし、ジェルのメリットを取り入れたものがジェルスカルプなんですね。

スカルプチャジェルで簡単に長さと強度をプラス

スカルプチャジェル長さだし完成画像

スカルプチャジェルは、アクリルスカルプチャとジェルのメリットだけ生かしたジェルです。

  • 強度が高い
  • 扱いやすい
  • 形成が簡単
  • 爪への負担も少ない

爪への負担も少なく、ジェルそものが硬く流れにくいので爪の形を作りやすくなっています。

一層残しはもちろん、アセトンオフできるメーカーも多く通常のジェルのお直しができるので扱いも簡単。

スカルプチャのようにすぐに固まらず光を当てないと硬化しないため、自分のタイミングで形成できます。

それでいでハードジェルよりも強度が高いため、長さ出しや補強にはピッタリのジェルなんです。

手持ちのジェルと組み合わせて使えるから揃えるアイテムもありません。

爪が折れた、ヒビが入った、たまにはロングネイルを楽しみたい、そんなときのためにスカルプチャジェルを持っておくと便利ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です