オススメのジェルネイルキット

レリーフネイルをシリコンモールドとジェルで作るやり方とコツ!

レリーフネイルアイキャッチ

SNSで話題になり、いまや大人気のレリーフネイル。

レリーフとは、「浮き彫り」「浮き彫り彫刻」を意味する言葉で、浮き彫りのようなネイルデザインをレリーフネイルといいます。

本来はジェルアートパウダーを使って自分で形を作っていくネイルデザインですが、100円均一やバラエティショップで売っているアイテムを使って、簡単に作ることができるんです。

レリーフフラワーやカメオのデザインはエレガントでとっても繊細。

かなり手の込んだネイルが楽にできちゃいます!

ぜひチャレンジしてみて下さい!

レリーフネイルデザインの特徴

レリーフネイル完成

レリーフネイルとは浮き彫りになった3Dデザインを指します。

アクリルパウダーを使った3Dアートとの大きな違いは、ジェルで凹凸のあるデザインが作れることです。

そのためベースジェルと同じ色、同じ質感でアートが施せるため、本当に浮き彫りになった彫刻のようなアートを表現することができるのです。

ベースジェルと同じカラーで作ればシックで落ち着いた雰囲気に、ちょっぴり目立たせたいならレリーフだけを目立つカラーにすればOK。

しかも今回はシリコン製の型を使うため、簡単にエレガントで繊細なネイルができます!

技術もいらず特別な材料もなし、ワンランクアップしたネイルアートを楽しめますよ。

レリーフネイルデザインに必要な材料とアイテム

レリーフネイルを作るには、このようなアイテムが必要になります。

レリーフネイル必要アイテム

気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

今回は「シリコンモールド」と呼ばれる、シリコン製の型を使ってレリーフネイルを作ります。

このシリコンモールド、ネット販売はもちろんバラエティショップでも数百円ほど、また100円均一でも販売されているのでぜひ買ってみてください。

特に100均だからと言って、質が悪いわけではありません。

いろいろな型が販売されているので、自分好みの型を見つけましょう。

さらに通常のジェル筆のほか細筆が必要になります。

この細筆はシリコン型にジェルを埋めるために使うもので、かなり型が細かく細めの筆でないと上手レリーフが作れませのでご注意を。

また今回はレリーフ感をアップさせるために、マットトップコートを使います。

マットトップコートとは、マットに仕上げてくれるトップジェルのことです。

ジェルならではのツヤ感がほしい方はマットトップコートではなく、通常のトップジェルでも構いませんよ。

レリーフネイルデザインの作り方

手順1
ベースのカラージェルを2度塗りする
カラージェル塗布

爪に施す場合はサンディング後、ダストを払い、ベースジェルを塗布してからカラージェルを塗ってください。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】
手順2
レリーフ型を作る
今回は浮彫感をもっとも引き出すために、べースカラーと同じ色でレリーフを作ります。

シリコン型レリーフ

シリコンモールドの好みの型にジェルを埋め込みます。

細筆で、隙間なく、型にジェルを塗り、埋め込みます。

シリコンモールドカラージェル塗布

ジェルをしっかり塗り込むと、このようになります。

シリコンモールド上から確認

表から見ても空気が入っていないことを確認してください。

シリコン空気入らない確認

いくつかのお気に入りの型にジェルを埋め込みましょう。

塗り終わったら、表面を上にしてジェルを硬化します。

手順3
ピンセットでレリーフを取りだす
しっかりレリーフ型のジェルを硬化したら、ピンセットでとりだします。

レリーフ型ジェル取り出しピンセット使用

レリーフがちぎれないように気を付けてください。

手順4
レリーフ型を爪に乗せる
爪にクリアジェルを塗布し、レリーフ型を好きな位置にのせます。

バランスを見ながらレリーフをいくつか乗せましょう。

レリーフ爪乗せる

硬化します。

手順5
トップジェルを塗布
今回はマットトップコートを塗布し、硬化します。

マットトップコート塗布後硬化

もちろん、ジェルのツヤを生かしたい場合は、通常のクリアジェルやトップジェルで構いません。

レリーフネイルを上手に作るコツ

彫刻のような浮き彫りネイルにするためのポイントがあります。

  • レリーフ型を複数のせる
  • レリーフ型とベースジェルは同じ色にしたほうが浮き彫り感覚が強く出る

彫刻のアートを思い出すとおわかりいただけますが、彫刻はひとつの作品に必ずいくつかの彫り物がなされています。

同じようにレリーフネイルもいくつかのレリーフ型をひとつの爪にのせたほうが、浮き彫られた感覚が強くでるのです。

また好みではありますが、ベースとレリーフ型を同じ色にしたほうが彫刻らしくなりますよ。

レリーフネイルの注意ポイント

レリーフネイルによくある失敗がこちら。

「レリーフが上手に固まらなかった」というものです。

これはシリコンモールドにたくさんのジェルを埋め込みすぎることが原因です。

ジェルを入れすぎて1度にジェルが固まらず、レリーフ型がつくれなくなってしまうんですね。

シリコン型は半透明で光を少し通しにくくなっています。

そのため色の濃い、硬化しにくいジェルは、少しづつジェルを型に埋め込んで数回に分けてレリーフ型を作りましょう。

また、シリコンモールドの表面だけでなく、裏側からライトを当ててあげるのもよいでしょう。

レリーフネイルの参考デザイン

インスタで見かけた素敵なレリーフネイルをご紹介します。

デザインや色合いの参考にしてみてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

mariさん(@cc.481)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuさん(@lauleanail01)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mutsumi Satoさん(@rallegrare_nail)がシェアした投稿

レリーフネイルで繊細&エレガントな爪に

レリーフネイル完成

レリーフは古代ギリシャ時代から存在する美術技法です。

中世のヨーロッパでもっとも愛された技法でもあり、とても繊細、かつ芸術的ですよね。

そんなエレガントなアートを、ぜひ爪で楽しんでください!

シリコンモールドの型をいろいろと組み合わせて、自分だけのレリーフネイルを作ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です