オススメのジェルネイルキット

ネイルチップはテープとグルーどっちがいいの?つけ方から外し方、特徴まで徹底解説

ネイルチップは高クオリティのデザインでも、自分でかんたんにつけることができます。

でも、正しいつけ方をしないと違和感が出てしまうもの…

自然に見せるためには少しだけコツが必要です。

そんなネイルチップのつけ方には、2通りの方法があります。

  • テープでつける
  • グルーでつける

テープで付ければジェルネイルと違って取り外しも簡単。

毎日ネイルチェンジすることもできるから、お出かけ用普段用といった使い分けもできますし、マニュキュアみたく塗るのに時間もかかりません。

さらにグルーで接着すればかなり頑丈につくので、旅行などでも安心して付けていけます。

この記事では、ネイルチップをテープとグルーどっちでつけるべきかと、違和感を感じさせない正しい付け方から外し方まで解説します。

簡単なのでぜひ覚えてくださいね

つめ美

ネイルチップはグルーとテープどっちでつけるのがいいの?

ネイルチッップをつけるのに使うテープとグルー(接着剤)は、どちらも一長一短があるので、用途に合わせて使い分けましょう。

それぞれの特徴、メリットとデメリットを説明していきます。

つめ美

テープのメリット・デメリット

ネイルテープ

  • 密着力が弱いので取れやすい
  • ネイルチップを使いまわせる
  • グルーに比べて爪に優しい

両面テープで貼っているだけなので、簡単につけ外しができてネイルチップを使いまわせるというのが大きなメリットです。

ただ、逆に取れやすいというデメリットも。

取れやすい分、爪への負担はグルーに比べてはるかに軽いので、ダメージが気になる人にもおすすめ。

普段はネイルをしないけど、結婚式やパーティーなど短時間だけネイルがしたいという時にぴったりです。

最近は取れにくいグミタイプの両面テープも販売されていますが、トイレや着替えなどでひっかけてしまうと取れることがあるので注意してください

つめ美

グルーのメリット・デメリット

ネイルグルー

  • 接着力が高いので外れにくい
  • ネイルチップは使いまわせない
  • オフする際にアセトンが必要

グルーでネイルチップをつける場合、しっかりと密着させれば1週間程度は持ちますが、外すにはアセトンで溶かすしかありません。

そのためチップは使い捨てになります。

その分、しっかりと爪にくっつけることができるので、アクティブなお出かけや旅行へ行く時などはグルーでつけるのがおすすめです。

しかし爪へのダメージも多少あるので、毎週のようにグルーでネイルチェンジするのはやめましょう。

そのままお風呂に入っても取れませんし、プールや海、温泉も大丈夫です

つめ美

ネイルチップをつける前の準備

ネイルチップをつける前に、テープとグルーどちらの方法でもまずは共通の準備があります。

  • チップの形を整える
  • 必要な場合は甘皮の処理を
チップをとりつけた後の見た目をより綺麗にするためにも準備してくださいね

つめ美

チップの形を整える

ネイルチップをつける場合は、付け方にかかわらず爪の形に合わせてチップの形も整える必要があります。

手順1
爪とチップを合わせます。

爪チップサイズ合わせ

横幅を合わせてチップを選びましょう。※サイズの選びかたは後述します

チップ爪横幅合わせる

爪の先端の角部分などの形が合わないようなら、チップに合わせて爪を削っても構いません。

どうしても横幅の合うチップがないようなら、少し大きめを選んでください。

手順2
チップの横幅を削る
チップの横幅が大きい場合はチップのサイドを削ります。

チップと爪の幅がぴったり合うようなら削る必要はありません。

あまりグリット数が大きいファイルで削ると削りすぎてしまうので、180G程度が使いやすいです。

チップファイル削る
削ったらチップを爪にあてて確認しながら、ピッタリな横幅になるまで削ります。

手順3
キューティクル周りを削る
爪とチップのキューティクルのカーブが合わないと、違和感が出てすぐにチップだとわかってしまいます。

ナチュラルさがなくなってしまうのです。

そこで爪にあわせたキューティクル部分のカーブを作ります。

チップキューティクル周り削る

甘皮部分のカーブが、チップのほうが大きいですよね。

甘皮部分を丸く削ります。

キューティクル周りファイルかけ

削ったら爪に合わせてチェックを繰り返して、自爪と近いカーブにして下さい。

この部分の仕上がりが、つけた時にチップ感がでるかどうかを大きく左右します。

手順4
スポンジファイルで滑らかにする
ファイルで削った部分にスポンジをかけて、滑らかにしてください。

チップスポンジファイルかける
最後にダストをきれいに払ってください。

これでチップの調整は完了です。

ネイルチップのサイズの選び方

ネイルチップのサイズは以下のことに気をつけてを選びましょう。

  • ちょうどいいサイズがない場合は少し大き目を選ぶ

先ほど説明したように、チップは爪に合わせて形を整えるので、ピッタリなサイズがない場合は少し大き目を選びましょう。

ネイルチップに表記されているサイズは爪の曲線を含む場合がほとんどなので、100円ショップの手芸コーナー等にある柔らかいメジャーを使うと測りやすいです。

爪計測薬指

もしくは糸やテープに印をつけて、糸やテープを定規にあてて測ってもOKです。

必要な場合は甘皮の処理を

甘皮を処理すると、テープ、グルーともに以下のメリットがあります。

  • 密着度が増して外れにくい
  • 爪が長く綺麗に見える

甘皮やルーズスキンにテープやグルーがついてしまっているとチップが外れやすくなります。

とはいえチップは長期間つけるものではないので、外れないために甘皮の処理までするというのは微妙なところかもしれませんね。

ただ、あまりにもチップが外れやすいという場合は、甘皮の処理をすることで改善する可能性があります。

甘皮やルーズスキンについていないのに外れやすい場合は変わらないかもですが

つめ美

甘皮を処理すれば爪が長く綺麗に見えるのは、チップだけでなくジェルネイルやマニュキュア全て共通ですが、爪の縦の面積が増えるので綺麗に見えます。

少しでも綺麗に見せたい、という方は甘皮の処理もしてみてくださいね

つめ美

ネイルケアアイキャッチ【セルフネイルケア】甘皮をカットしない簡単なやり方と道具【ニッパー不要】

ネイルチップの付け方

テープとグルー、それぞれのネイルチップの付け方を説明します。

テープでつける方法

それではまず、テープでのネイルチップの付け方から紹介します。

手順1
爪の消毒をする
テープは爪に汚れや油分が付着していると接着力が落ちます。

爪をきれいにしてからチップを付けてください。

エタノールを付けたコットンで爪、爪周りの消毒と油分除去をします。

コットン爪拭き取り

手順2
テープを貼る
両面テープをチップの内側に貼ります。

両面テープチップつける

できる限りチップの中央部分、かつ、キューティクルに近いところに貼ってください。

チップからはみ出さないように気を付けましょう。

接着力をあげたい場合は、縦に半分にカットしてこのような貼り方もおすすめですよ。

接着力あげる裏技

チップのサイド部分の接着力が上がるのではがれにくくなります。

手順3
爪にくっつける
テープの保護テープを剥がし、爪のキューティクルに合わせてチップを貼ります。

テープ剥離剥がしチップ貼る

この時、チップと爪のサイドも併せてください。

上からしっかりとおさえて貼り付けます。

チップ貼り付け後見本

完成です。

チップと爪のカーブが合わない時の対処法

爪とチップのカーブが合わずに隙間ができてしまう場合は、以下の方法で対処できる可能性があります。

  • 両端のみテープをつける
  • グミタイプのテープで高さをだして隙間を埋める

カーブが合わないのに真ん中にテープを貼ると両端が引っ張られてしまうので、テープを両端のみつけた方が外れにくくなります。

その隙間の部分にテープを重ねて埋めても密着度が増しますが、薄いテープだと重ねても高さが出にくいので、グミタイプのものを使った方が良いです。

それでもダメなら剥がれるのを前提にしてテープを持ち歩くか、チップは使い回せませんがグルーでつける方が確実です。

グルーでつける方法

続いて、チップをグルーで付ける方法です。

手順1
消毒後、ベースコートを塗る
爪をきれいに消毒、油分除去をします。

コットンにエタノールをつけ、爪と爪周りをきれいに拭き取って下さい。

その後、ベースコートを塗ります。

爪ベースコート塗布

ベースコートを塗ることで爪が保護され、オフしやすくなります。

ベースコートが乾くまで数分待ちます。

必ずきちんと乾かしてください。

手順2
グルーを塗る
グルーはチップではなく、爪に塗ります。

ハケになっているタイプが塗りやすくておすすめです。

グルー爪塗布

グルーが少ないとはがれやすくなるので、少し多めに塗りましょう。

また多めに塗ることで、チップと爪の間に空気が侵入することを防ぎます。

手順3
チップを貼る
爪のキューティクルとチップのカーブ部分を合わせます。

キューティクルチップ合わせる

爪の根元から先端方向に向かって、空気を入れないように貼りましょう。

根元側から貼ることで空気が入りにくくなります。

根元からチップ貼る

この時チップのサイドと爪のサイドがずれていないことを確認しながら貼ってください。

サイドずれない確認

チップの上からしっかりと押さえてください。

これで完成です。

グルー塗布チップ圧着

ただ、グルーがはみ出していることがよくあるので、その場合は以下の手順でグルーを拭き取ってください。

手順4
はみ出たグルーを処理する
チップを貼るときにサイドからグルーがはみ出てしまったら、きちんと拭き取りましょう。

オレンジウッドスティックにコットンを巻き付け、アセトンもしくはリムーバーを付けます。

オレンジウッドスティックコットン巻きつけ

はみ出たグルーを拭き取ってください。

はみ出たグルー拭き取り

オレンジウッドスティックを使うと拭き取りやすいですよ。

グルーでつける時の注意事項

爪とチップの間に空気が入るとグリーンネイルの原因になるので、空気を入れずにくっつけることが大切です。

もし空気が入ってしまった場合は、出来ればその日のうちにとってしまうべき。

また「少しぐらついてきたな」と思ったら浮いてきて空気が入っている状態なので、その時もすぐにオフしましょう。

ネイルチップの外し方

ネイルチップの外し方を紹介します。

テープとグルーでは外し方が違うので、注意してくださいね。

テープでつけた場合の外し方

テープの場合は、テープの接着力によって外し方が違います。

  • テープの粘着が弱いor取れかけている
  • 粘着が強いテープを使っている

2通り説明しているので、状況に適した方で外してくださいね。

スティックのみで外す方法

この方法はテープが取れかけていたり、もともと接着力が弱いテープの場合に使える方法です。

力を入れすぎると爪が傷んでしまう可能性があるので、ちょっとでも「硬い」と感じたら次の項目の方法で外してください。

手順1
オレンジウッドスティックを差し込む
オレンジウッドスティックをチップの端、爪との隙間にゆっくりと差し入れます。

必ず根元部分から差し込んでください。

もし根元にスティックが入らない場合は横の隙間から入れてください

オレンジウッドスティック根元から

そのまま、チップを浮かすようにスティックを少しづつ奥に差し入れます。

この時、絶対に爪の先端側からスティックを入れないでください。

爪の先端側から剥がすと爪が傷むことがあります。

爪先から剥がす禁止

少しづつ剥がしていきましょう

少しずつ剥がす

剥がし終わったらチップ、爪についているテープを除去してください。

チップについたテープがなかなか剥がれない場合は、ピンセットなどで少しづつつまんで剥がしましょう。

手順2
爪の消毒・保湿
爪はエタノールで消毒して、最後にネイルオイルで保湿しましょう。

エタノール消毒

テープの場合はチップと爪の隙間が空いているため、チップを剥がした後は消毒してください。

雑菌の繁殖を防ぎます。

お湯でふやかして外す方法

テープの粘着力が強い、なかなか外せないという場合はお湯でふやかしてから剥がしましょう。

手順1
テープをふやかす
フィンガーボールにお湯を貼ります。

その中に指先を浸します。

フィンガーボールお湯チップふやかす

フィンガーボールがない場合はお風呂につかりながらでも構いませんよ。

お湯に3~5分程度浸してテープをふやかします。

手順2
オレンジウッドスティックでゆっくり剥がす
お湯から指を出し、オレンジウッドスティックを爪の根元、もしくはサイドのチップとの隙間にゆっくり差し込みます。

オレンジウッドスティックチップ爪間入れる

チップがゆっくりと剥がれてくるので、無理せずスティックを奥まで差し込んで剥がします。

チップ剥がすゆっくり

チップが剥がれたら、チップと爪に残ったテープを除去します。

チップについたテープをそのままにしておくと、次回使うときに密着が悪くなるので必ず剥がしてください。

手順3
爪の消毒・保湿
テープを剥がしたら、爪を消毒してください。

爪ネイルオイル塗布

最後にネイルオイルで保湿しておきましょう。

おすすめネイルオイル

この記事でも使っているハワイの「アイランドガール」のネイルオイルが凄く良いのですが、人気が高くて売り切れだったり割高で販売されています。

個人的にネイルオイルは香りがいちばん重要なので、あるていど安い物から試していくのがおすすめです。

グルーでつけた場合の外し方

チップをグルーでつけた時の外し方は、アセトンでチップを溶かすしか方法がありません。

基本的にジェルネイルのオフと同じ方法です。

手順1
チップの余計な部分をカットする
チップは使い捨てなので、長い場合は切ったり削ったりしてください。

チップ形整える

手順2
チップの表面をサンディング
チップに傷をつけてアセトンが染み込むように、サンディングします。

チップに傷をつけることが目的なのでどんなファイルでも構いませんが、目の粗いファイルのほうがオフが早いですよ。

チップ傷つける目荒いフィル利用

手順3
コットンを乗せる
グルーで付けたチップはアセトンで溶かします。

爪周りにネイルオイルを塗って爪を保護します。

ネイルオイル塗布ケア

爪程度の大きさにカットしたコットンにアセトンをひたし、チップの上にのせます。

アセトン塗布コットンチップ乗せる

手順4
小さくカットしたアルミホイルを指先に巻き、そのまま10~15分程度待ちます。

アルミホイル巻き時間置く

ネイルチップが溶けるとこのようになっています。

ネイルチップ解けた後

完全にチップが溶けてなくなっていますね。

ベースコートも塗っているので、チップを溶かすことできれいにオフしやすくなっています。

爪にベースコートが残っていたらコットンで軽く拭き取ってください。

もしチップが完全に溶けていないようなら、完全に溶けるまで以下の手順を繰り返します。

  1. オレンジウッドスティックで軽く溶けたチップだけをこそげ落とす
  2. ネイルオイルを爪周りに塗り、アセトンに浸したコットンを爪に乗せる

ネイルチップが完全にオフできたら、爪周りをエタノールで消毒してください。

チップ取れ後エタノール消毒

手順5
保湿
最後にネイルオイルで保湿します。

ネイルオイル保湿

完了です。

テープとグルーは使い分けてネイルチップを楽しんで

チップ用テープネイルグルー

どちらの方法でネイルチップをつけるか決まりましたか?

特徴をまとめると、

テープの特徴
  • テープでネイルチップを付けると外れやすい
  • 簡単に取れるから何度も繰り返しチップが使える
グルーの特徴
  • グルーでつけるとチップが取れにくい
  • アセトンで溶かすしかオフの方法がないからチップはもう使えない

となります。

シチュエーションによって適したつけ方が変わるので、使い分けることが大切です。

ちょっとしたお出かけのあいだだけチップをつけたいなら、かんたんに外せるテープで楽しんでください。

アクティブな外出や旅行など、しっかりチップを付けたいときはグルーを使うといいでしょう。

プロのクオリティのネイルを自分でかんたんにできる「ネイルチップ」を楽しんでくださいね

つめ美

ミチネイルレビューアイキャッチネイルチップならミチネイルがおすすめ!購入方法から付け方まで徹底レビュー【評判や口コミも】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です