オススメのジェルネイルキット

ニットネイルのやり方とコツ!細筆さえあればできる!?

ニットネイルアイキャッチ

冬の定番、ニットネイル。

編み物を編んだような柄で優しい、暖かいイメージのネイルです。

自然な凹凸もとってもキュートで、かわいらしいネイルデザインが好みの女性にはかなりおすすめ。

しかもベージュやピンクのようなソフトな色合いが似合うデザインだからオフィス仕様でもOK。

細筆だけあればできるのでぜひチャレンジしてほしいデザインです。

この記事では、簡単にニットネイルを作る方法を解説していますよ。

ニットネイルに必要な材料とアイテム

ニットネイル必要アイテム

ニットネイルを作るのにはこのようアイテムが必要になります。

気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

カラージェルは好みの色で構いませんが、マットカラーでパステル系や白の入った乳白色系のほうがきれいに仕上がるのでおすすめです。

ニットの編み目は細筆で描いていきます。

また硬めのジェルを混ぜてニット柄を作っていくので、ハードジェルのような流れにくいジェルを用意してください。

そのときジェルを混ぜるのに爪楊枝とアルミホイルを使います。

また、仕上げはマットトップコートでツヤを消したほうがニットらしさがより強調されるので、マットトップコートはあったほうがいいですよ。

ニットネイルのやり方

手順1
サンディング
サンディング

爪全体の艶がなくなるようにサンディングをしてください。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】
手順2
ベースジェル塗布・硬化
ダストを払い、爪、爪周りを消毒後ベースジェルを塗布、硬化します。

ベースジェル硬化

手順3
カラージェル塗布・硬化
カラージェルを2度塗りします。

1度目のカラージェルを塗布します。

マットカラーはムラになりやすいですが、のちのちニット柄が入るとムラは目立ちません。

あまりムラを気にせず塗布してください。

ベースカラームラあり

硬化します。

さらにもう一度カラージェルを塗布・硬化します。

カラージェル二度塗り

手順4
トップジェルを塗布~未硬化ジェル拭き取り
一度トップジェルを塗布して硬化します。

トップジェル塗布後硬化

トップジェルを硬化したら未硬化ジェルを拭き取ってください。

ここで未硬化ジェルを拭き取ったほうがニット柄がくっきりきれいに出やすくなります。

手順5
カラージェルとハードジェルを混ぜる
あとに続くニット柄を作りやすくするために、少し硬めのカラージェルを作ります。

ベースのカラージェルをアルミホイルにとり、ハードジェルを混ぜます。

ホイル上ハードジェル混ぜる

混ぜる割合は1:1程度にしてください。

あまりハードジェルが少ないとジェルが硬くならずに流れやすくなり、ニット柄がきれいできません。

逆にハードジェルを混ぜすぎると色が薄くなってしまいます。

爪楊枝で混ぜましょう。

カラージェル爪楊枝混ぜる

手順6
細筆でジェルのラインを描く
細筆に、ハードジェルを混ぜたカラージェルをとりニット柄を作っていきます。

ニット柄に決まりはありませんが、あまり複雑な柄にしてしまうと難しくなってしまうので単純な柄にしておきましょう。

S字を並べたような柄が比較的簡単でおすすめです。

筆先に多めにジェルをとります。

筆先ジェル多め乗せる

ジェルを爪に乗せながら引っ張るイメージで曲線を描いていきます。

ジェルニット模様描く

細長いS字を描くイメージで描いてください。

同色カラージェルS字描く

描き進めます。

S字書き終わり一度硬化

一度硬化します。

もし途中でジェルが流れてしまいそうなら、途中で硬化しても構いません。

手順7
ジェルラインを凹凸をだす
ニット柄に厚みをたし、凹凸を出します。

今ひいたラインをもう一度なぞるようにジェルでラインを描きます。

S字ライン二度塗り

凸凹をはっきりさせたほうが仕上がりがきれいですよ。

手順8
2本目のジェルラインを描く
空いているスペースにラインを描きます。

カラージェル直線描く

この時もジェルを引っ張るようなイメージでラインを描きます。

左右対称にもう1本ラインを描きます。

カラージェルライン増やす

硬化します。

また同じようにいま描いたラインをなぞってジェルのラインに凹凸を出します。

直線ライン二度塗り
硬化します。

手順9
マットトップコートを塗布・硬化
最後にマットトップコートを塗布、硬化します。

マットトップコート塗布

今回は拭き取り不要のマットトプコートを使っているので拭き取りしませんが、必要な場合はしてください。

手順10
完成
ニットネイル完成画像

ニットネイルを綺麗に見せるコツ

ポイントは「乳白色系マットカラーを使う」ことです。

ニットネイル他デザイン
セーターをイメージするとわかりやすいですが、パールやラメよりもマットな色味のほうが多いですよね。

また、ジェル独特のツヤもなくしてマットトップコートを使ったほうがセーターらしい柔らかいイメージに近づきますよ。

ニットネイルの注意事項

ニットの網目である凹凸がはっきり出ないとニットネイルに見えません。

細筆の先にぽってりとジェルを付け、ジェルを引きずるイメージでラインを描いてください。

ジェルニット模様描く

1度で凹凸が出ない場合は2度、3度と重ねてラインを引いて構いませんよ。

簡単な柄でいいので、しっかりニットの凹凸を出すことを意識しましょう。

ニットネイルの参考デザイン

インスタで見かけた素敵なニットネイルをご紹介します。

デザインの参考にしてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ネイルノスタルジア(@nailnostalghia)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

富山ネイリストasana(@asana_sab)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

rurie_nail salon(@rurie_nailsalon)がシェアした投稿

ニットネイルで温かい冬のネイルを楽しもう

ニットネイル完成画像

ニットネイルはぷっくりとしたラインを描くだけでできる冬ネイルです。

ちょっと硬めのジェルを混ぜるだけで、ラインが描きやすくなるのでかなり簡単。

慣れてきたら様々な編み目を作ってニット柄を増やすこともできます。

ただのマットカラーに飽きてきたらぜひおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です