オススメのジェルネイルキット

ドットネイルのやり方!ドットペンは爪楊枝やホロで代用可能【大人女子向け】

ドットネイルアイキャッチ

ネイルアートに挑戦してみよう!と思ったときに、初心者の方が特に始めやすいのがドットネイルです。

シンプルなデザインですが、ネイルアートの中でもよく使われますね。

夏のネイルにもよく使われるデザインで、涼しい印象のデザインにもぴったりです。

また何年経っても人気が衰えないのも、ドットネイルの魅力の一つです。

ここでは、そんなドットネイルの初心者の方でもできる簡単なやり方と、必要な材料をご紹介していきましょう。

ドットネイルの特徴

ドットネイル完成図

ドットネイルとは、カラーやパーツなどを使って水玉模様を描くネイルのことをいいます。

ドットの大きさは様々で、オーソドックスな小さなドットから、変則的な大きさを楽しむドットまでと幅広くデザインもあります。

何よりも季節感に合わせやすいデザインで、どんなカラーでも様になるので、セルフネイルでもとても人気のあるデザインです。

ブルー系で爽やかにするのも◎、秋のチャコールカラーと合わせても◎な万能デザインといえます。

初心者向けのデザインでもあり、やり方もコツを掴むととても簡単なのも身近に感じるポイントですね。

ドットネイルに必要な材料

セルフドットジェルネイル必要アイテム

※ドットのデザインネイルを作るためにカラーは4色使用します。

気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

また、代用品として身近な爪楊枝を使うときれいなドットを描くことができます。

ドットの大きさによって、細筆などを使わけるとムラのないドット柄を描くことができます。

ドットネイルのやり方

手順1
サンディング
サンディング

ジェルネイルでは自爪を傷つけないようにサンディングするようにしましょう。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】
手順2
ベースコートジェルを塗布する
ベースジェル塗布

ベースコートジェルは薄めに塗って、カラー乗りをよくする効果があります。

手順3
ベースカラーを塗る
ベースカラー塗布

今回はデザインがわかりやすいように、白をベースカラーにします。

2度塗りが基本で、できるだけムラのでないように薄めに塗るようにしましょう。

手順4
ドットを描いていく
ドット真ん中から描く

ドットは真ん中から打つようにすると、バランスのいいドット柄を作ることができます。

筆いちいち拭う

ドットペンは、何回かに一度カラージェルを拭き取るようにすると、ドットの大きさが変わらないのでこまめに拭き取るといいでしょう。

ドットペン上下サイズ違う

ドットペンは上下で大きさが異なります。

カラージェルは伸びが出るの、ドットの面積の少ない小さなドットが初心者の方にはおすすめです。

初心者小さいドット簡単

真ん中のドットと等間隔でドットを打って、大まかな全体のバランスを取ります。

ドットバランス取る

ここはどのサイズのドットでもポイントになりますが、はみ出すようにバランスを見ながらドットを打ちます。

爪をキャンパスとして、キャンパス内にドットを収めてしまうと窮屈な仕上がりになってしまいます。

はみ出したドットを打つことで、爪が大きく見えたり、まとまりが出ます。

ドットを全体的に入れることができたら硬化します。

表面をならすようにクリアジェルを塗って硬化します。

手順5
アクセサリーパーツを置いて仕上げる
アクセサリーパーツ仕上げ

クリアジェルを塗って、ゴールドのアクセサリーパーツを置いて硬化します。

トップコートジェルを塗って硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成になります。

ドットネイルのコツ

ドットネイルを作るときのコツを紹介していきます。

なんとなくの間隔で打つドットネイルをしていたという方も、きれいにドットを打つことができるようになりますよ。

ドットペンは常に拭くこと

常にペンを拭くことで大きさの均一なドットを打つことができます。

筆いちいち拭う

ドットペン上下サイズ違う

やり方の項目でも紹介しましたが、カラージェルがダマになってくる、筆先に付きすぎることでドットの大きさが変わってしまいます。

意図的に大きさを変えたデザインでなければ、不自然になってしまうのでこまめに筆先のカラージェルを拭き取ることはきれいに仕上げるコツです。

ドットを打つ位置を整える

ドットを打つとき、ただ適当に間隔を空けている人も多いと思います。

写真のように、縦横のドットが交差させて打つことで均一なバランスを保つことができます。

また端から打つとバランスが崩れることもあるので、できるだけ真ん中からドットを入れていくといいでしょう。
ドットコツ真ん中からバランスとる

大きめのドットの場合やドットに慣れてきたら、斜めにドットを入れていくデザインもありです。

斜めドット

大きなサイズのドットの方が、バランスを取りやすいので斜めにドットを入れていくのもいいですね。

写真の矢印の方向に打つといいでしょう。

また、仕上がりも真ん中から打ったドットと同じようになるのが理想的です。

斜めドットやり方コツ

ドットペンは先が丸くなっているので、角ばってしまう失敗などなく初心者の方におすすめです。

100円ショップでも購入できるので、是非試してみてくださいね。

ドットペン以外のドットの打ち方

ドットペンがないと、きれいにドットが打てないのかというとそうではありません。

代用品やパーツでドットを作ることもできるので、ここではよく使われる代用品で実際にドット柄を作ってみましょう。

爪楊枝を使う

一番身近なアイテムとしても使われているのが爪楊枝です。

爪楊枝を使うとき、先ではなく裏を使うとドットペン同様丸みがあるので、形にムラのないドットを描くことができます。

手順1
カラージェルを塗る
つまようじデザインベースカラー

カラージェルを塗る工程は、やり方の方で解説しているのでそちらを参照してください。

手順2
爪楊枝を使ってドット柄を描いていく
爪楊枝は上の部分を使います。
つまようじ上部分

次にカラージェルでドットを作っていきます。

写真のように、真上から爪楊枝を落とすようにから爪楊枝を使います。

その方が均一なドットを打つことができるからです。
つまようじカラージェル塗布

真ん中から打っていきましょう。
つまようじ爪真ん中描く

カラージェルを取ったときのように、真上からドットを描きます。

斜めにドットを打つと変形してしまうことがあります。この真上からというのはドットでは大切なポイントですね。
コツつまようじ真上から押す

バランスをとるようにドットを打って硬化します。

手順3
完成
クリアジェル、トップコートジェルの順で仕上げて完成です。
クリアトップジェル塗布完成

ドットペンと爪楊枝で差が出るところは、ドットのサイズ調整がしにくいところですね。

小さなドットを打ちたいからと、爪楊枝の先を使ってしまうと上手くドットが打てないことがあります。

爪楊枝を使ったドットは、裏を使うことが前提ですね。

代用品ですが、身近なもので使い勝手のいいアイテムです。是非試してみてくださいね。

ホログラムを使う

より初心者の方におすすめなのがホログラムを使ったドットネイルです。

手順1
カラージェルを塗る
つまようじデザインベースカラー

カラージェルを塗って硬化した後、未硬化ジェルを拭き取っていない状態でホログラムを乗せるとクリアジェルの厚塗りにならないので◎です。

今回使用するのは、5㎜のホログラムです。
ボログラム利用

手順2
等間隔でホログラムを置いていく
ホログラム等間隔
ホログラムを使ったドットは、はみ出し部分を作ることができないので、今回のようにできるだけ小さなホログラムを使ってドットを描くことでバランスのいいドット柄を作るようにするといいでしょう。

また、カットしてはみ出しを表現することもできます。

手順3
トップコートジェルで仕上げる
ホログラムは段差もなく、ジェルネイル初心者の方にもおすすめのアイテムです。

今回はわかりやすく白黒でデザインしましたが、カラフルなホログラムやオーロラホログラムなどで変化に富んだデザインを楽しむこともできます。
※パールやアクリルストーンなどを代用しても、かわいいドットを打つことができます。

ドットネイルの注意事項

ドット柄を作るときは次のことに注意しておくようにしましょう。

  • ドットの間隔は均等にする
  • 大きさ、形を保つために筆先は常にカラージェルを拭き取る
  • ドットが映えるトーンを選ぶ
  • はみ出すことでバランスを図る

夏らしく涼しいシースルーネイルにも

ドットネイル別デザイン完成図

夏らしいデザインネイルの中でも、ドット柄が似合うのがシースルーネイル(ストッキングネイル)です。

かわいいだけではなく、大人っぽさを感じることができるデザインです。

また、今年も人気のシアーカラーを使って涼しさもありますね。

クリアベースが楽しめる季節でもあるので、是非この夏に黒だけではなくいろんなカラーのシースルーネイルに挑戦してもいいでしょう。

ポップなネイルから大人ネイルまでに振り幅が魅力!

ドットネイル完成図

ドットネイルのやり方やコツなどを紹介してきましたがいかがでしたか?

ドットネイルは大小、カラーなどの組み合わせがたくさんあり、いろんな表情をみせてくれるデザインネイルです。

夏にはクリアベースもかわいいドットネイルは、これからのシーズンにぴったりなデザインでもあります。

是非いろんなドットネイルで、指先を自分色に変えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です