オススメのジェルネイルキット

バブルネイルは洗剤や石鹸があればできる!?やり方を解説

バブルネイルアイキャッチ

インスタなどで注目のバブルネイル。

泡をジェルで表現したデザインです。

本物の泡をのせて作るから、リアルな泡のキメがジェルに残って、個性的なネイルになります。

「ちょっと変わったジェルがしたいな~」なんて時に家にあるもので簡単に出来るからおすすめ。

かなり簡単なのでぜひチャレンジしてください!

バブルネイルに必要な材料とアイテム

バブルネイル必要アイテム

バブルネイルを作るには、以下のようなアイテムが必要になります。

  • ベースジェル
  • カラージェル(できれば色の濃い色)
  • トップジェル
  • ハンドソープなどの泡の立つ洗剤類
  • スプーン
  • ストロー
  • 少量の水をいれた口の広い容器
  • 拭き取りジェルクリーナー
  • コットン
気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

カラージェルは濃い色のほうがバブルが目立つので、初めは濃い色で試してみた方がどんなものか分かりやすいです。

また、この記事ではバブルを洗剤類と水を混ぜて作りますが、肌の弱い人はハンドソープやボディソープを使ってください。

キッチン用洗剤のほうが泡立ちがいいですが、手荒れしてしまうかもしれませんので。

また立てた泡を爪に乗せるのにスプーンが必要です。

洗剤を泡立てる時に容器が必要になりますが、口の広い容器で泡立てたほうが泡を爪に乗せやすいですよ。

バブルネイルのやり方

手順1
サンディング
サンディング後画像

爪全体のツヤがなくなるようにサンディングしてください。

終わったらダストを払いエタノールで消毒、油分除去を行って下さい。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】
手順2
ベースジェルの塗布・硬化
ベースジェル塗布
ベースジェルを塗布して、硬化します。
手順3
1度目のカラージェルの塗布・硬化
ベースカラー1度目硬化

カラージェルを塗布します。

2度目の塗布でムラが少なくなるだけでなく、バブルが乗るとほぼムラが目立たなくなるので少々ムラになっても構いません。

硬化します。

手順4
2度目のカラージェルの塗布・硬化
2度目ベースカラー塗布後効果

1度目と同じようにカラージェルを塗布し、硬化します。

手順5
泡を作る
洗剤類を少量の水の入った容器に入れてください。

洗剤類の量が多いと手荒れの原因になるので少な目で、水5:洗剤類1の割合くらいから泡立ち具合を見て調節してください。

ただし、泡はたくさん立てたほうがネイルが作りやすくなります。

バブル容器混ぜる

スプーンで水と洗剤を混ぜて泡立てます。

洗剤かき混ぜるスプーン使用

泡立たないようならストローを入れてストロー越しに息を吹きかけて空気を入れ、泡立ててください。

泡立たないストロー空気入れる

ストローでぶくぶく泡立てると大きめの泡ができます。

あまり大きな泡だと爪に乗らないので適度にぶくぶく泡立てつつ、ストローで混ぜると泡がつぶれて小さなバブルができるようになります。

ストロー攪拌泡立てる

バブルの大きさは、大小さまざまな大きさがあったほうが仕上がりがきれいですよ。

手順6
トップジェルを塗布
トップジェル塗布

トップジェルを塗布します。

まだ硬化しません。

手順7
バブルを爪に乗せる
容器の泡をスプーンですくい取ります。

この時泡だけをすくい取ってください。

※洗剤や水はすくわないように注意

スプーン泡掬う

すくった泡を爪全体のせます。

泡掬い爪乗せる

泡がスプーンにくっついて爪に乗せにくいですが、がんばってください!

またこの時爪に触らないように気を付けましょう。

トップジェルはまだ未硬化です。

手順8
硬化する
爪に泡をのせたまま、硬化してください。

硬化後の爪はこのようになっています。

効果後爪見本

多少バブルがつぶれています。

手順9
拭き取る
未硬化ジェルを拭き取ります。

この時、通常の未硬化ジェルを拭き取るようにごしごしと擦らず、軽くたたくように拭き取ってください。

ガーゼ泡拭き取る

手順10
完成
バブルネイル完成見本

バブルの跡がジェルに残っている状態をバブルネイルといいます。

バブルネイルを綺麗に見せるコツ

コツはバブルのキメをあまり整えないことです。

バブルネイルコツキメ整えない

画像のように大きな泡や小さな泡の跡が残っていると、仕上がりがきれいに見えます。

そのためには洗剤類を泡立てるときに、ストローでぶくぶくしつつ、撹拌をしながら大小のバブルを作ることが重要です。

大きなバブルが増え過ぎたら、少し時間を置けば泡が小さくなります。

好みのバブルを作ってくださいね。

注意事項

注意点はただひとつ。

バブルを爪の乗せライトに入れるときに、ライトにバブルが触れないように気を付けてください。

注意事項バブルライトつかないように

ここでバブルがライトに触れてしまうと、爪に乗ったバブルが動いてしまい、バブル柄が爪の端になよってしまいます。

泡をこんもり爪に乗せすぎないように気を付けましょう。

バブルネイルの参考デザイン

インスタで見かけた素敵なバブルネイルをご紹介します。

デザインの参考にしてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

popo💠nails ayumi etou(@poponails)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tnr-keiko(@tnr_keiko)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

SJP.nail(@sjp.nail)がシェアした投稿

バブルネイルでポイントアクセントを個性的に

バブルネイル完成画像

バブルネイルは泡のキメが爪に残る、面白いネイルデザインです。

マットカラーでもかなり光沢が出るだけでなく、様々な大きさのバブルが個性的で、単色カラーでもアクセントになります。

シンプルなネイルに1本だけバブルネイル、といった使い方もおすすめです。

家にあるもので簡単にできるのでぜひトライしてくださいね。

慣れてきたら、ベースをマーブルなどのデザインにしてバブルネイルをつくるとアーティスティックなネイルになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です