オススメのジェルネイルキット

ボタニカルネイルを絵の具を使って手描きで!上手に見えるやり方を解説

ボタニカルネイルアイキャッチ

「ボタニカル」とは「植物由来の」「植物の」といった意味。

ボタニカルネイルとは、植物をあしらったネイルのことを指します。

つまり葉や花がデザインされていれば、ボタニカルネイルなんですね。

しかし花を描いただけではフラワーネイルになってしまい、ボタニカルネイルとは違った印象になります。

ファッション業界でいう「ボタニカル」は葉のイメージが強く、花があったとしても葉が存在していることが多いんです。

そこでこの記事では、葉をイメージしたポピュラーなボタニカルネイルの作り方を紹介します。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

控えめな色使いなので、オフィスなんかにも使えるかも

つめ美

ボタニカルネイルに必要な材料とアイテム

ボタニカルネイル使用アイテム
ボタニカルネイルを作るには、以下ようなアイテムが必要になります。

用意するカラージェルは好みでOKですが、葉や草を描いた時に同化しないような色をチョイスしてください。

今回はオフィスカラーでも定番のベージュを使います。

 

マットカラーを選んだ方がボタニカル風になりやすいですよ

つめ美

植物は絵の具で描きます。

ジェルで描いても構いませんが、絵の具のほうが絵を描くのが簡単なのでおすすめです。

色を重ねることで植物らしさが表現しやすく、初心者さんにも繊細に描くことができます。

水彩用ではなく、必ずアクリル絵の具を使いましょう。

水彩絵の具はジェルでコーティングした時に流れてしまうので使えません

つめ美

色は植物や葉をイメージして数色用意してください。

今回はスタンダードにグリーン系2色、イエロー、ブラック、ブラウンを使います。

絵の具を使うときにパレットや水も必要です。

葉を細筆で、茎を極細筆で描いていきます。

またキッチンペーパーは筆を拭き取ったり、水分除去に役立つため必ず用意してください。

失敗した時はエタノールで絵の具を拭き取ることができるため、絵の具に慣れていない人はコットンとエタノールも準備しておきましょう。

ボタニカルネイルのやり方

手順1
サンディング
サンディング

ジェルの密着力が上がるように、爪を軽くサンディングします。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】
手順2
ベースジェルの塗布・硬化
ベースジェル塗布硬化

ダストを払い、爪や爪周りを消毒、油分除去してからベースジェルを塗布・硬化してください。

手順3
カラージェルを塗布・硬化
カラージェル塗布硬化

カラージェルを1度塗りして硬化してください。

少々ムラになってもアートが入るのであまり気にしなくてOKです。

ベースムラok

カラージェルを2度塗り、硬化してください。

しっかり硬化してください。

手順4
未硬化ジェル拭き取り
未硬化ジェル拭き取り

未硬化ジェルを拭き取ります。

ジェルで草や葉を描く場合は拭き取り不要ですが、絵の具で描く場合は必ず未硬化ジェルを拭き取ってください。

未硬化ジェルが付着していると絵の具がノリが悪くなってしまいます。

手順5
絵の具を準備する
絵の具準備

パレットに数色の絵の具を出し、水も用意してください。

水は絵の具が硬い場合に薄めて柔らかくします。

絵の具は草や葉をイメージして何色が出してください。

1枚の葉でも枯れた部分や新緑の部分、葉が出たばかりの部分と色が違います。

何色か重ねながら使っていきましょう。

手順6
葉の茎を描く
極細の筆で茎を描きます。

絵の具葉っぱ描く

この時、ブラックやブラウン、グリーンなど、数色の絵の具を筆に付着させ、茎を描きましょう。

絵の具を混ぜずに描くことで、植物の複雑な色味が出ます。

手順7
1枚目の葉を描く
細筆で葉を描きます。

葉っぱ描く

この時もブラウンやグリーンなど、数色を筆先につけて葉を描きます。

画像のように偏った色味になってしまったら、足りない色味を足しつつ葉を重ね描きします。

絵の具色重ね塗り

グリーンを少し足してみました。さらに黄色を重ねて描いてみましょう。

絵の具緑塗布

色味を重ねることで複雑さが増し、よりリアルな葉になります。

手順8
2枚目の葉を描く
空いているスペースに葉をさらに描いてきましょう。

筆先に数色の絵の具を付けて、絵の具を混ぜずに描きます。

絵の具色複数同時塗布

少し色合いを変えながら葉を描くとより美しく仕上がります。

続けて描き足していきます。

手順9
3枚目の葉を描く
3枚目葉っぱ描く

葉を縦長に描くと、爪も縦長に見えます。

筆先につける数色の絵の具のバランスを変えながら描きましょう。

手順10
4枚目の葉を描く
4枚目の葉っぱ描く

葉の形もすべてそろえる必要はありません。

本物の葉がそうであるように、1枚1枚個性を持った葉を描いてください。

手順11
2本目の茎、さらに葉を描く
葉や茎の数は好みです。

シンプルなほうがいい場合はもう描かなくても構いません。

葉をたくさん描いたほうがより写実的になり、大人っぽいネイルになりますよ。

空いているスペースに茎、葉を描きたします。

茎葉を足す

手順12
トップジェルを塗布・硬化
アクリル絵の具が完全に乾いたことを確認してから、トップジェルを塗布、硬化します。

絵の具部分を軽く指で触って、乾いていることを確認してください。

乾いていないようなら1~2分待ってから塗布してください。

手順13
完成
未硬化ジェルを拭き取ったら完成です。

未硬化ジェル拭き取り

ボタニカルネイルを綺麗に見せるコツ

コツはこの2つです。

  • 絵の具を何色か使う
  • ベースカラーはマットを使う

ボタニカル見本樹木

植物の色は1色ではありません。

同じ1枚の葉の中でも、茶色い部分や黄色っぽい部分、緑色の部分など様々な色があります。

その複雑な色味を絵の具で表現するために、絵の具は必ず何色か使ってください。

また慣れないうちは本物の葉や茎と似たような色で描きましょう。

本物の植物に似せることで、描きやすくなりますよ。

つめ美

ベースカラーはマットを使いましょう。

自然界にラメは存在しません。

マットカラーを使うことでより植物のイメージに近づきます。

注意事項

できるだけ、絵の具を混ぜすぎないようにしましょう。

絵の具混ざらない注意

パレットに絵の具を出したら、筆先に何色かの絵に具をとって、混ぜずに葉を描きます。

混ぜないで葉を描くことでムラが出て、リアルな表現ができます。

ボタニカル柄描くコツ

もし絵の具を混ぜすぎてしまったり、あまり色が出なかった場合には、違う色の絵の具で葉を重ねて描いてみてください。

ムラが出て、色に深みが出ますよ。

ボタニカルネイルの参考デザイン

インスタで見かけた素敵なボタニカルネイルをご紹介します。

デザインや色合いの参考にしてみてくださいね。

ボタニカルネイルで大人元気なネイルを楽しんで

ボタニカル完成見本

ボタニカルネイルはフラワーネイルと違って、かわいらしいイメージではなく大人っぽさのあるデザインです。

それでいて植物の生命力の感じられる元気なネイル。

ベージュやグレーなどの落ち着いたベースカラーはもちろん、女性らしいピンクや、ポップな黄色、オレンジといったカラーでも合わせやすい万能デザインです。

また葉や茎、1つ1つの形をそろえる必要がなく、少し形が歪んでも植物らしく見えるから手描きが苦手な初心者さんにもおすすめです。

自分だけの植物を描いて個性を出すこともできます。

簡単に自分だけのネイルができるデザインなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です