オススメのジェルネイルキット

ビジューネイルのやり方とコツ!ジェルを乗せる時の注意点まで徹底解説

ビジューネイルアイキャッチ

通常のラインストーンとは一味違った、ゴージャスなビジューネイル。

宝石のような輝きのあるネイルデザインです。

ビジューパーツを爪にのせるだけなので、セルフでジェルを楽しむ方にはとってもおすすめ。

何の技術もいらず、今までよりもはるかに光り輝くネイルが楽しめますよ!

ビジューネイルの特徴

ビジューネイル完成

ビジューとはフランス語で「宝石」の意味。

そんな宝石のようなネイルをビジューネイルと言います。

「ラインストーンがのってるネイルとは違うの?」なんて思いますよね?

ビジューネイルは一般的な裏が平らになっているフラットバックのストーンではなく、「ビジューパーツ」と言われる専用のVカットストーンを使用します。

そのため通常のラインストーンよりもボリューム感、立体感ともにアップ。

さらにジェルコートもしないので、Vカットストーンそのもののツヤがもっとも楽しめるネイルデザインなんです。

「ジェルコートなしでストーンは取れないの?」と思うかもしれませんが、そこはビジュージェルを使用するので問題なし。

ビジュージェルは比較的安価で、ほかのデザインにも使えるのでぜひ持っておくべき逸品です。

ビジューネイルは技術もいらないので、ぜひセルフネイラーさんにはお勧めのデザインですよ!

ビジューネイルに必要な材料とアイテム

ビジューネイルを作るには、このようなアイテムが必要になります。

ビジューネイル必要アイテム

気になるアイテムがあったら、上の文字部分をタップすれば楽天やアマゾンの詳細ページが確認できますよ

つめ美

ビジューネイルのベースとなるデザインは好みで構いません。

そのため単色カラーだけでなく、フレンチやラメ、グラデーションなど好みのベースデザインにしましょう。

また、ビジュージェルは非常に粘度が低く固いジェルとなっているため、筆で塗布しにくくなっています。

スパチュラやオレンジウッドスティックを使ってください。

細筆はビジューストーンの隙間を埋めるときに、またそのとき粘度が高めのハードジェルがあるとストーンも取れにくく便利です。

ビジューネイルデザインのやり方

手順1
ベースのデザインを完成させる
ベースデザイン完成

爪に施す場合は、サンディング後ダストを払い、ベールジェルを塗布、そのあとカラージェルやラメなどを使い、ベースデザインを作ります。

ノンサンディングベースジェルアイキャッチおすすめのノンサンディングジェルを比較!口コミが良いのは弱酸性?【サンディング不要】

ベースのデザインは自由なので、好みのベースカラーやラメなどを使ってくださいね。

ビジューネイルそのものがゴージャスになるので、ベースはかなりシンプルでも物足りないことはありません。

また、ベースデザインはクリアジェル(トップジェル)を塗布し、硬化、未硬化ジェルを拭き取って完成させてくださいね。

手順2
ビジュージェルを塗布
ビジュージェルが非常に硬く、容器を傾けても流れないジェルです。

ジェル筆ではとりにくいので、スパチュラやオレンジウッドスティックですくうようにとります。

スパチュラorオレンジウッドスティック使用

量としては、スパチュラやスティックの先端に、こんもり盛る程度の量です。

すくいとったビジュージェルを、ビジューパーツをのせたい部分に塗布します。

ビジュージェル塗布

このとき、ビジュージェルは広げずに、こんもりとのせましょう。

ビジュージェルこんもり塗布断面図

手順3
ビジューパーツをのせる
ビジュージェルを塗布した部分に、ビジューパーツをのせます。

ビジューパーツ配置

しっかりとビジュージェル埋め込むようにのせましょう。

またこのとき、ストーンの表面にジェルがつかないように気を付けてください。

空いているスペースにさらにストーンをのせます

ストーン追加配置

最低でも3個程度のせたほうがバランスがいいですよ。

ストーン配置位置見本

このとき、すべてのストーンのVカット部分が、きちんとジェルに埋もれていることを確認してください。

ジェルに触れていないとストーンが取れてしまいます。

そのまま硬化します。

手順4
空いている隙間にジェルを埋める
このままでもビジュージェルによってパーツは固定されていますが、もっとしっかり密着させるために、ハードジェルを隙間に埋めます。

ハードジェル筆塗布

このように細筆でジェルをとり、ビジューパーツとパーツの間にジェルを埋めるように入れ込みます。

ビジュー隙間ハードジェル埋める

すべての隙間にジェルを埋めましょう。

このとき、柔らかめのジェルを使っている方は流れやすいので、隙間に埋める→仮硬化を繰り返しながら、ジェルを埋めていきましょう。

さらに、ジェルの隙間を埋めながら、小さなストーンを埋め込んでも構いません。

硬化したら完成です。

ビジューパーツ周辺拭き取り

ビジューパーツ周辺がべたつくようなら拭き取ってください。

ビジューネイルを上手に作るコツ

コツは「いかにジェルを表に見せないでパーツを硬化するか」です。

しっかりとビジュージェルで、ビジューパーツのVカット部分を埋め込むことが大切です。

すこし斜めの角度から、ビジュージェルにしっかりと密着していることを確認しましょう。

ビジューコツハードジェル流す角度

またビジューパーツとパーツの間に、ジェルを上手に流し込みましょう。

ジェルがはみ出ると意外と目立ちます。

もしジェルがはみ出てしまったら、硬化前にエタノールを付けたコットンで軽く拭き取ってから硬化してくださいね。

ビジューネイルの注意点

ビジューパーツのストーン部分に、ジェルがかからないようにしましょう。

ビジューネイルの魅力の一つは「ジェルコートしないからこそ、宝石の輝きが表現される」ことにあります。

万が一ストーン部分にジェルが付着してしまったら、エタノールで拭き取ってから硬化してください。

ジェルを見えない部分でしっかりと、パーツが取れないように硬化することが、もっともビジューネイルで大切なことです!

ビジューネイルの参考デザイン

インスタで見かけた素敵なビジューネイルのデザインをご紹介します。

デザインや色合いの参考にしてみてくださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

MIHO*Rさん(@runear829)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

moko.k…さん(@arinco99)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

moko.k…さん(@arinco99)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

フラッシュネイルPARIS梅田店さん(@flash_nail_paris)がシェアした投稿

ビジューネイルのでゴージャスな輝きを楽しんで

ビジューネイル完成

ビジューネイルの魅力は、宝石のような輝きと立体感です。

ビジューアートが1本施されるだけで、ぐーんとネイルの豪華さと上品さがアップします。

それでいて、特別な技術が必要ないのでぜひチャンレジするべき!

ちなみに1本だけアートするならぜひ薬指にしてくださいね。

あまり使わない指なので、ジェルそのものの持ちがいいこと、さらにバランス的にもっとも女性らしく品あるネイルに仕上がる、といわれているんですよ。

ビジューネイルでいつもと違った、ワンランクアップしたネイルを楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です